安住録

未来を照らすための過去

23

 こんにちは、安住いちです。24日に誕生日を迎え、不本意ながらも23歳になってしまいました。
 
 高校生のころ、いろんなひとから「おめでとー!」と言われていたことを思い出します。大学にあがってからも、2年くらいはフェイスブックやらツイッターやらで、たくさんの知人たちから「おめでとう」という言葉をもらっていました。
 大学にあがって5年目の昨日もらった言葉は、かつてにくらべると、ずいぶんすくなくなりました。
 でも、ああ幸せだなあ、愛されているなあ、と感じるきもちは、かつてよりむしろいまのほうがずっと強くなりました。
 
 22歳のわたしは、とても頑張っていたとおもいます。
 もちろん、留年したりバイト先の店長と超短期間交際(=遊び)をしたり、褒められた人間ではありませんでした。
 それでも、ああがんばったね、よく生きたね、と自分に言ってあげたい気持ちは人一倍つよいです。
 
 実は、わたしはこの誕生日を迎えるのが心底嫌でした。なんの生産性もない人間が、歳を重ねていいのかと、すごくすごく落ち込みました。わたしは22年間、なにも考えずに生きてきたので、誕生日を迎えるのが嫌だったことなどありませんでした。嫌で嫌で仕方がない、と吐露する自分に、かなり動揺しました。
 それでも、朝起きて、大切な友人たちから「おめでとう」とメッセージがきているのをみて、ああよかったなあと、心のそこから幸せを感じました。
 
 メッセージをくれたひとも、そうでないひとも、ぼんやりとでもわたしのことを思い出してくれたすべてのひとに、感謝したいなあと、パフォーマンスでなくおもいます。
 ありがとうございました。
 
安住いち

住所録

を、つくろうとおもっていまして。

なぜかといえば、わりとまじで自分がいつ死ぬかわからないな、という気持ちが日に日に増していってることが大きな理由です。

そして、もしわたしが突然死ぬことになったとき、両親はどうやってわたしの大切な人たちに連絡をとってくれるんだろうか? という心配も、自然な流れとして湧いてきます。

 

地元の友人たちは、なんらかの形で連絡がとれるだろうと思うのです。たとえば担任だった先生に連絡がとれれば、なんとか報せくらいはいくでしょう。

 

でも、じゃあインターネットで知り合った大切なひとたちはどうなるのか。

わたしがいま頻繁に/真剣に連絡をとっている大切なひとたちの多くは、インターネットで知り合いました。

学校のひとに言えないことをたくさん聞いてもらったし、しんどそうにしていたら心配でいてもたってもいられなくなって、逆に負担かもと思いながらも電話をかけたり言葉を送ったりしてしまうような相手ばかりです。

 

そんなわたしにとって大切なひとたちとのつながりを、両親は現時点ではぼんやりとしか知らないでしょう。名前や「仙台に住んでる友だちが」のように話題にすることはありますが、それがどういう子で、どういうふうに救われてきたのか、という詳細を話したことはありせん。

でも、きっとわたしが望んでいるのは、両親には連絡先だけがわかればいい、というものではないのでしょう。

 

わたしが生きているとき、その人たちにどれだけ救われたのかを知ったうえで、それ相応の連絡をしてほしいんだとおもいます。

 

とか、書いていて、おそらく「わたしにとって大切なひとたち」にとって、このブログは重すぎるんだろうなあ、とか、おもいました。

 

でも、エンディングノートは常に頭に置いておかなくちゃ。

パソコンでつくってもいいけど、なんだか無機質でいやだなあ。

既成の住所録は、なんだか味気ないし、項目の自由度も低いのよね。

 

そんなふうにぼんやりと、わたしの訃報に想いを馳せるのです。

最近のこと

熱が出てひまなので、最近あったことを写真で振り返ろうとおもいます。

 

f:id:azum1:20170613172836j:image

中野ブロードウェイ! 初めて行ったけど、かつてオタクで腐女子だった身なのでとても楽しかった。魔法少女コーナーとPerfumeコーナーで血迷いそうになったが思いとどまった。

f:id:azum1:20170613172851j:image

中野ブロードウェイ内「タコシェ」さんにて、欲しいなあと思っていた『大人ごはん』と、パラパラめくったら最高に最高だった『ムービーマヨネーズ』を購入。ムビマヨは本当にめちゃくちゃ良いです。だいぶ在庫があるようなので、皆さん是非買ってください……!

f:id:azum1:20170613172947j:image

ツイッターのお友達こいちゃんと一緒に、吉祥寺・てまりのおうちへ。平日で人も少なくたっぷり愛でることができて楽しかった。

f:id:azum1:20170613173047j:image

一部ぬこたちに好評だったわたしのリュックさんは毛だらけ。

f:id:azum1:20170613173106j:image

石井ゆかりさん(id:iyukari)の日々の星読みを写経するノートを今月から再開。その表紙にレタリング的なことをした「蟹」の字、美大卒のお友達ききちゃんに褒められてとても嬉しかったのです。うふふ。

f:id:azum1:20170613173122j:image

人気のWebメディア「冷凍都市でも死なない」さんにて紹介されていたクリームソーダのつくりかた、遅ればせながらわたしも実践してみました。すこし液が足りなかったけどさわやかな苺ソーダがおいしい〜。

f:id:azum1:20170613173131j:image

石井ゆかりさんブームが炸裂していろいろ集めました。毎日の星読みの「全体像」のところで出てくるワードがいまいち難しくて、分かるようになりたい! という気持ちから。

f:id:azum1:20170613173143j:image

ハルカさん(id:sharuka0)さんが絶賛していた『別人帳』、気になったのでわたしも買ってしまった。おもしろいことを考えるひとがたくさんいるなあ。読んでるとお腹すく。オムライスはとろとろ派!

f:id:azum1:20170613173151j:image

きたる星野源ライブトゥワーに向けて、『恋』をイメージした安直なネイルをしたら、手持ちのice watchにとってもよけ合うことが判明。なんかじりじりとふぁぼられていてそわそわしています。

f:id:azum1:20170613173157j:image

原稿用紙でラブレター

f:id:azum1:20170613173238j:image

大好きななぎさらささん(id:negi_a)が参加している合同短歌集「みずつき」を早速刷ってきました。真っ先になぎさらさんの作品を探して、そのあまりの美しさに、心のなかで小さな泡がしゅわしゅわと弾けるような感覚。もうぜひみんなに読んでほしい!

 

おわり。

夜更かし

最近眠れない。

というか、眠る気がないんだと思う。

 

マイスリーもほとんど飲まなくなったし、夜になり布団に入ってからはずっとスマホでゲームをしている。気づけば2時だ。それでもまだ眠るモードに入れず、ゲームを続けてしまう。4時を過ぎてからやっと「……寝るか」というきもちになるが、この時点でもはやナチュラルハイになっているため目がギンギンに冴えている。今度は意思と関係なく眠れなくなってしまう。そしてまたスマホをいじる。悪循環である。

 

どうしてこうなってしまったのか。わかれば苦労しない。長い時間をかけてコップのふちギリギリまで溜まっていたものが、なにか小さなきっかけで弾けて溢れてしまったのだろう。もう3週間ほど頑張っていない状態が続いているのだが、どうにも動く気にならない。映画すら観に行けていない。もういやだ。

#いち報 vol.2

 こんにちは。ゆずさんのライブの影響でアクセス数がぐんと増えてどぎまぎしている安住です。

f:id:azum1:20170605004516j:image

 フリーペーパー いち報 vol.2 配信しています〜!

 

 前回はクソみたいなスッカスカのものを配信してしまったのですが(笑)、今回はわりとたくさん書きました!よ!

 テーマは「映画」です。今後毎回つけたいと思っている「ICHIKINO」という映画コラムのようなものも、今回から始まっています。

 

 まだまだ改善点だらけですが、これからも自分が楽しんでつくっていければいいなー。あでゅ!