読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安住録

未来を照らすための過去

梅酒

 梅酒が好きだ。

 

 私はお酒が飲めない。正確には、お酒"おいしく"飲めない。一般に「お酒」と言ってイメージされる「ビール」「日本酒」「焼酎」「ワイン」、このどれもが"おいしく"飲めない。カクテルも、モノとバランスによる。美味しく飲めないなら、ジンジャーエールを飲んでいたほうがずっといい。

 そんな一緒に飲むにはメンドくさい私だが、梅酒はだいたい美味しく頂けるからありがたい。梅酒が好きだ。

 梅酒のなかでも、「鍛高譚の梅酒」は最高に好きだ。しそ焼酎ベースでつくられた、しそジュースみたいな赤色に、とくとくとソーダを注いでしゅわしゅわさせて飲むのが好きだ。あのさっぱりとした味わいは、これからの季節にぴったりだから、飲酒の頻度が上がってしまうかもしれない。でも美味しいから仕方がないのだ。もっと知名度が上がって、いろんな居酒屋で飲めるようになってほしい。

f:id:azum1:20170505002206j:image

 他にぱっと浮かぶのは「うぐいすとまり 鶯とろ」とか「鶴梅 完熟梅酒」あたりだろうか。前者はその名の通り、とろっとなめらかな舌触りで、こっちまでとろけてしまう。ロックがよいでしょう。後者はさっぱりソーダ割りでいただきたくなる、完熟なのに爽やかな味わい。(だった気がする)

 

 でも、梅酒って、カロリーやばいんだよね。