読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安住録

未来を照らすための過去

Filmarks試写会のすヽめ。

 「Filmarks」というアプリをご存知でしょうか。

Filmarks(フィルマークス)- 映画レビュー・メモ・鑑賞記録

Filmarks(フィルマークス)- 映画レビュー・メモ・鑑賞記録

  • 株式会社つみき
  • エンターテインメント
  • 無料

 Filmarks は、株式会社つみきの提供するソーシャル映画サービスです。映画のレビューをかいたり、観たい映画メモに使ったり、Filmarks 内の「FILMAGA」というメディアで独占インタビューが掲載されたりと、比較的充実した内容になっているのではないでしょうか。他のサービスに浮気したことがないので想像なのですが。

 

 私はかれこれ3年ほどこの Filmarks というサービスにお世話になっているのですが、そのなかでも特にありがたいのが Filmarks試写会 の存在です。

 通常、映画の公式HPや映画館で応募できるような試写会は「2名1組」であることがほとんとです。映画はひとりで観る派の私は、この時点で脱落してしまいます。もちろん、試写会という特別な環境なのだから、たまには誰かしら誘って応募するという選択肢もありますが、そもそも試写会に行くほど観たい映画が被る友人も残念ながらあまりいません。

 しかしこの Filmarks が不定期に参加者を募る試写会は、「1人での参加」が前提となっていることがほとんどなのです! これはとてもとてもありがたい。時間帯としては普通の試写会とあまり変わらず、平日の19時ごろから上映開始なことが多いかなあといった印象です。

 

 私は過去に3回、この Filmarks試写会 に当選しました。『ソロモンの偽証 前篇』(東京国際フォーラム)、『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』(恵比寿ガーデンシネマ)、そして昨日公開された『ムーンライト』(ユーロライブ)のみっつです。

 前述の通り私は普通の試写会に応募したことがないのでそもそもの試写会競争率がどのくらいかは分からないのですが、Filmarks ユーザ限定の試写会がいくつもあるため、比較的当たりやすいのではないかなと思います。Filmarks ユーザ限定試写会は、たいてい小規模会場で座席は早い者勝ちです。国際フォーラムのような大きいところでやる、各媒体同時募集の試写会は、指定席でおそらく Filmarks 用に確保されてる席はそんなによくないです。狙い目は小さめの映画館でやる試写会ですね!

 

 恐らく私程度のブログ記事では、 Filmarks 試写会の応募率がぐんとあがることはないでしょう。実際に始めてみないと分からなさそうな 、Filmarks の魅力について書いてみましたの巻、でした。おやすみなさい。